包茎手術で発生するダウンタイムについて

包茎手術後のダウンタイムについて

皮の内部で下着の繊維や皮膚の角質や皮脂や汗や垢が混ざり合い不潔な環境で不快な臭いが漂う、勃起をすると耐えられない激痛に見舞われ狭い包皮口に締め付けられてうっ血する、陰茎がんや亀頭包皮炎や尿路感染症などの二次的な病気のリスクが気になるなどの理由で、包茎手術を受けようとしている男性は多いのではないでしょうか。
クリニック探しや費用の捻出や心の準備や口コミ評判チェックなど、包茎手術を受ける前に考えなければならないことはいくつかありますが、日程調整もその一つです。
包茎手術はメスを入れて皮を切除する外科手術ですので、1ヶ月程度のダウンタイムを要するということを忘れてはいけません。
ダウンタイム中は刺激物を避けながら患部を守り安静にしていなければなりませんので、スケジュール確認をしながら日程調整をして手術日を決める必要があります。
仕事が忙しいビジネスマンにとってはハードルが高いかもしれませんが、計画的に進めましょう。

包茎手術後の生活について

包茎手術を終えた後のダウンタイムは1ヶ月程度ですが、術後2~3週間はとくに注意が必要です。
何かの拍子に傷口が開いて血が出てしまうかもしれませんし、傷口から菌が入り込んで感染症を発症するリスクとも隣り合わせの生活です。
包茎手術後1ヶ月の生活の中で心がけるべきことについてですが、バイクや自転車など患部に直接的な刺激が加わる乗り物に乗るのは避けて別な移動手段を選ぶ、包帯を巻き直したり軟膏を塗ったり鎮痛薬を服用したりする際は医師からレクチャーされたことをきちんと守り正しく実施する、自力での対処が難しい問題が発生した場合は躊躇せずにクリニックへ行き医師に相談する、患部を常に清潔に保つことを意識し汚い手で触ったり汚れた下着を着用したりしない、アルコールやカフェインや香辛料は刺激が強いので控えるなどがあります。
肉体疲労や心的ストレスなども影響しますので、ハードな労働も避けるべきです。

まとめ

外科的治療にダウンタイムはつきものです。
まだ傷口が完全に塞がっていない状態で、著しい疲労を伴う肉体労働やハードなトレーニングをしたり、交通費を節約するために自転車で移動したり、お酒を飲み過ぎたりするのは絶対にNGです。
忙しいビジネスマンにとってはダウンタイムが高いハードルになるかもしれませんが、術後1週間は仕事のお休みをもらうのが安心安全です。
安静に過ごした先には楽しい人生が待っていますので、1ヶ月間は我慢しましょう。

投稿者について

masterad_sermacs2014

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。